歯医者さんに子供の虫歯の原因は親の歯磨きの仕方と言われたので

1歳過ぎの歯磨きは嫌がって嫌がって暴れました。歯も生えてきて、食べ物も少しずつ大人と同じものを食べれるようにもなり、親としては虫歯が気になりました。それに歯医者さんに子供の虫歯の原因は親の歯磨きの仕方です。とも言われた事があったので、余計にプレッシャーみたいに感じた事もありました。

はみがきの時間になると子供は嫌がり、大丈夫だよー!と声をかけながら寝かせて、親の両足で子供の足を挟み動けないようにして毎晩磨いてました。泣き叫ぶ姿に可哀想な気持ちにもなりました。が、そこは心を鬼にして。

親と子どちらも暴れるので、歯磨きが終わる頃にはお互いに疲れてました。
何回も噛まれたりもしましたし、歯ブラシも噛むので、すぐに毛先が広がってダメにもやりました。
あんなに格闘しながらの歯磨きの時間だったのに、3歳になった今は自分から歯ブラシを持ってきて歯磨きをし、仕上げ磨きも大きく口を開けてくれるので、足で押さえることもなく楽しく磨いてくれてます。
虫歯になったらお菓子食べられないよ。と伝えてあるからかもしれませんが。

今の歯磨きで気をつけていることは、歯の裏側もしっかり磨くことです。
友人が前歯の後ろ側が虫歯になったと聞き、仕上げ磨きをしていてもしっかり汚れが落ちているか見えないので、気持ち長めに磨いています。今は大好きなアンパンマンの歯磨き粉を使っていて、イチゴの味がするのでとても気に入ってます。

アンパンマンのおかげもあってか、幼稚園だ歯科検診をしても虫歯ゼロと、言われ本人もとてもよろこんでました。

キレマッスルが\初回96%OFF&送料無料/公式サイトキャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です